HOME > 毛周期サイエンス

毛周期サイエンス

毛周期とは

毛周期
毛周期

毛は生えて抜け落ちる、を繰り返しています。この周期を毛周期と呼んでいます。毛周期には、毛が伸びる成長期、抜ける準備をする退行期、あとは抜け落ちるまでの時期である休止期があります。周期は繰り返しまわり、抜け落ちたところからは新たに毛包が生え始め、成長し伸びていきます。毛髪の成長期は5~7年ほど続き、その後3週間ほどの退行期を経て、休止期(3か月)となります。正常な毛周期であれば一日100本程の抜け毛があります。

女性も男性も薄毛という現象は起こります。薄毛になる原因としては、男性ホルモン、加齢、血行不良、食生活、等々と様々なことがあげられますが、いずれの薄毛も『成長期が短くなる』ということは共通です。一度、成長期が短くなると、次の成長期も短くなり、髪の毛はどんどん細く短くなります。成長期が短ければ、その分、抜け落ちるまでの時間が早まることになります。抜け毛が多い=成長期が短くなった。と考えることができ、成長期が短くなることで、髪の毛は細く短くなります。さらに、成長期が短くなると、その次に生えてくる髪の毛の準備も十分にできていない可能性があります。よって、成長期が短くなるというサイクルを繰り返すことによって、負のスパイラルに陥り、抜け毛が増え、短い毛が多くなり、生えてくるのが遅くなるということがいえます。

成長期の変化(右:成長期が短い人の場合)
成長期の変化(右:成長期が短い人の場合)

pagetop

FGF-5と毛周期

1994年の論文でFGF-5が成長期から退行期へのスイッチとなっていることが発見されました。さらに1998年の論文ではFGF-5のターゲットが毛乳頭であることが示されました。毛乳頭は毛髪の司令塔であり、成長期や退行期へのスイッチのカギとなる場所です。別の場所で作られたFGF-5が毛乳頭へ働きかけ脱毛シグナルを出していると考えられています。

そこで、研究者たちは、毛乳頭に働きかけるFGF-5を抑える物質を見つけることで、抜け毛を減らす効果を期待しました。すなわち、成長期から退行期へ移行させずに、成長期を伸ばし、毛髪を太く長くしようと考えました。

2007年の論文では、実際にFGF-5を抑えることにより、脱毛防止できないかと考え実験が行われました。何種類ものエキスの中から探し出されたのが『ワレモコウエキス』です。さらに、脱毛に悩む被験者39名の協力を得て、ワレモコウエキスには、抜け毛数および休止期毛率を有意に減少させる効果があることがわかりました。

FGF-5の効果
FGF-5の効果

pagetop